2008年08月17日

ハイヤーセルフからのメッセージ

真我と自我メモ

去年のある日、受信していたメモが神棚に置いてあるのが

見つかりました↓

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

自我と真我をよく見極めなさい。

真我に隠れる自我

自我に隠れる真我

よくよく真我を見極めるように。

自我を選択して真我を捨てないように。

真我から発動する物事は、誠の心理である。

(むだなものは一切存在しない)

肉体に宿った魂だからこそ不自由だが進化のスピードが早い

という個人の自由がある)

だからこそ、この自由を与えられている価値を認識せよ!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


posted by Gママ at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

☆通信分析をしている時

最近、通信ミーティングをしている時、自分の魂が反応するのか

自然に涙が出てきて分析のスピードが速まるという現象が起きて

います。

Gマザーの抱えている1つの案件で、ある歌の詩からメッセージを

受け取るようにという、通信があったとき、軽い気持ちで「私も

分析を手伝ってあげるから歌ってみて」と言ってカラオケボック

スで、歌を聴きはじめたとたん涙があふれ始め、バンバン、イン

スピレーションを受け素早く分析が完了するなど、不思議な体験

をしています。

三人のうち誰一人欠けてもだめで、みんなの分析結果を集めて、

分析が完了するといった感じ。
  
特に最近Gマザーはすごい。

子供が目に指を入れた瞬間とか、細かいしぐさも見逃さず、

メッセージを読み取り分析しまとめていっている。

Gマザーいわくスピリチュアルエンジェルさんのおかげで私は

ここまで鍛え上げられたとSエンジェルの指導力を高く評価し

ている。

Gマザーの横について、「これも通信でしょ、メッセージが今

出ているでしょ!」というように、口うるさく言われ、Gマザー

の方は、Sエンジェルから言われるたびに自分で通信をとって

確認すると(間違いなくそうだ!)と答えが出るので、否定でき

なくなってしまい、だんだんと、ちょっとした子供のしぐさや

発言などからのメッセージ性を見逃さなくなったと、言っていた。

スピリチュアルエンジェルさんのおかげだと!

↓クリック応援して下さると嬉しく思います\(_ _)
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
posted by Gママ at 02:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

母の魂が後押しを・・・

お母さんの魂が、私の意識進化に対して後押しをしている。

3日前から下痢をして、昨日は点滴をうちにいったらしい。

原因を通信分析してみると、母の魂が私の課題である

(巧妙なエゴ)

を落とすワークに対して後押ししているということだった。

母の魂が身体を使った「貴方は現在の悟りの学習過程におい

て消化不良である」とのメッセージを送っているのだ。

私にとっては一番嬉しいことなので、「やりぬく」と宣言します。

お母さん大好き !

↓クリック応援して下さると嬉しく思います\(_ _)
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
posted by Gママ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

結婚記念日

今日は18年目の結婚記念日である。

主人と出会い、主人の思想に共鳴し、19年前、神前にて、

極現神統主之大神様に初の志を祈願して現在に至る。

19年前の志と現在の志とは何1つ私の中では変化していない。

今後もよりいっそう、肯定的に初志を貫くだけだ。

それしか私の喜びはないから・・・。

↓クリック応援して下さると嬉しく思います\(_ _)
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
posted by Gママ at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

メンタリングセッションから至福体験へ

私は今まで培ってきた自我があります。

私がマスターから指示された課題をやり遂げるためには自我を捨てる

必用があるため、ずっと実行せずにいました。

しかしあるとき私は思いもよらず、その課題を自らが絶対実現してみ

せると決意する瞬間がやってきました。

決意してからは、早く、即、実行に移せ、自我も勝手に捨てて、進み

ました。

すると、私が、どうしても、体現したかった魂の至福三昧を味わうこ

とができました。

私が体験した魂の至福とは、深く、やわらかく、暖かく、時が立つ

ほど、エクスタシーを味わうものでした。

今後も培ってきた私の自我は、私のスキを見つけては、上手くやって

くると思います。

しかし、私は決めました。

自我を見つけては、刀で切り捨てることを。

自我を捨てる課題を提供して下さったマスターに深く感謝します。

↓クリック応援して下さると嬉しく思います\(_ _)
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
posted by Gママ at 19:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

ヒーローズを全巻 一機に見てしまいました。通信から・・・

ヒーロース看板

地球を救うために約束された、特殊能力者たちが集まって、

各自すべきことに気付いていき、行動を起こし始めます。

http://www.heroes-tv.jp/

posted by Gママ at 15:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

神様に可愛がられる方法

神さまに可愛がられる方法・看板

今日からメール講座【神様に可愛がられる方法】産土参拝秘法を携帯

から受講しています。

今日のタイトルは(産土神社とは)でした。

レクチャーの内容から、万人に対して、親のように可愛がって、良くし

てくださる神様とは、産土の大神さまだということがよく理解できま

した。

地球に住む全生命の守護神であるということも・・・

↓クリック応援して下さると嬉しく思います\(_ _)
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
posted by Gママ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

娘に敬服

今日は、覚醒指導家としてデビューした娘に早速相談を持ちかけて

みました。

ママは今年から空亡になるので、どういう心がけをしたらいいかと・・

娘にアドバイスを求めたら、「運勢が悪くなるのでは無く、自分の内面

が成長し運勢がよりよくなる年だと思うし、是非そうしてほしい」と娘

が言ってくれました。

おもわずパパに「素敵だと思わない!娘がこんないいアドバイスをくれ

たわ」と叫んでしまいました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
posted by Gママ at 05:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

娘がマスターに!

下のようなメールをパパから貰いました
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
08/01/18 (金) 0:59送信

☆愛する妻へ

娘○○の霊動の件で、そのことをどう扱うかについて、神様に尋ねた

結果を報告しておきます。

娘○○の「イタイイタイ通信」はママと○○さんに対しての進化に役立

てる目的で今授かっているということでした。

現在は二人に対してだけ、という限定です。

そのつもりで対処して下さい。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
いよいよ娘も使徒の仲間入りです。

にほんブログ村 子育てブログへ
posted by Gママ at 16:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

言霊ケア法、受講

今日はパパからこんなメールが来ました。↓

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
08/01/14 (月) 16:48送信

☆最愛の妻へ♪

○○ さん

今○○さんが受けているメール講座です。↓

スピリチュアルアドバイザーの○○さんも受講しておいて下さい。

そして感想や評価などをお願いいたします。

言霊ケア法

受講申込フォーム

http://sca.kadoya-school.com/kotodama.care-1.htm

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
パパが弱音を吐いたときなどは、とりあえず「だいじょう〜ぶ」

を連発しています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
posted by Gママ at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。